design and construction   資料請求はこちら

2008/5/13 (火曜日)

古きを訪ねて新しきを知る。世田谷FU邸プロジェクト6

Filed under: FU邸PROJECT — admin @ 18:18

bath151.jpgすいません。。。しばらくさぼっておりました。多くの方から怒られましたので、ここからは急ピッチで行きたいと、今は思っております。今だけ?・・・
さぁ、気を取り戻して行ってみましょう!
前回は天井下地ができあがり!ってところまでお伝えしたかと思いますが、いよいよ仕上げ工事です。ここからは工事現場から劇的?に変化する、一番おもしろいところです

bath161.jpg 床は黒、壁は白、パキッとした感じの貼り分けをタイル屋さんが、どんどん貼り進めて行きます。貼りだすと平場は結構早いですが、タイルは硬いので加工も大変。配管廻りや床との取り合いなどは手間がかかります。タイルを接着した翌日以降に目地を入れて、掃除をしてタイル屋さん終了!!
bath171.jpg
何となく全体像が見えてきたような気がしません?

bath181.jpgせっかくきれいになったのに、また工事現場へ逆戻りした感じですが、天井塗装するのでしょうがないですよね。養生しないとせっかくのタイルが塗料で汚れては大変ですから・・・

大工さんが作ってくれた天井材のジョイントの隙間や角をパテで平滑にし、最低2回以上塗ります。それほど多くない平米数ですが、まるまる1日かかりました。ずっと上を向いてるのも肩が懲りそうですよね。

bath19.jpg塗装が終わって、いつの間にか洗面化粧台の家具が入って、便器も設置されていました。ちょっと現場へ寄れる時間が無かったか、ここまでくれば安心!なんて、気を抜いたかどちらかでしょう。

この日はガラス屋さんの登場です。ガラスの引き戸2枚と、トイレとお風呂を仕切るガラスを吊り込もうってことです。このガラスの件もお施主さんといろいろと協議を重ねた上決定しました。後にお見せしますが、かっこいいですよ?・?・?・

Copyright (C) 2006 - 2016 a'DandC co.inc. All Rights Reserved.